燐寸倶楽部
http://www.matchclub.net/
燐寸百選 オンラインショップ
matchcollections.com
燐寸倶楽部
■「マッチラベルの話 その1」


明治10年代初期、マッチの商取引き、総てマッチラベル(商標)によって行われ、製品の品質を表わす重要な役割を果たしました。独創的なすばらしいラベルは、国外にまで販路を飛躍させ、国際的な信頼を得ることができました。反面、安価で粗悪な類似ラベルが模倣され、市場に混乱を招きました。そこで明治17年6月に「商標条例」が公布され、ラベルの商標登録がなされるようになりました。

ラベルのメーカー名は、明治14年設立の「清燧社」をはじめ、「良燧社」「直木燐寸」「日本燐寸製造」と多数にわたります。が、いずれも昭和2年に、世界のマッチを支配していたスウェーデン資本の傘下となり、日本の市場の80%を占めていました。しかし、昭和7年にスウェーデンマッチ社は事業に失敗し、鮎川義介の「日産コンツェルン」に継承され、今日の「兼松日産農林」に引き継がれました。


「寝獅子」……明治18年6月20日登録、第321号、マッチ商標登録の第1号。
瀧川辯三による清燧社が、商標登録制度が施行された時に登録したもの。このラベルは、後に清燧社を合併した大同燐寸に書き替えられた時のものである。

黒田 康敬
2001年06月03日
↑メニューに戻る

クラブオーナー:兼松日産農林株式会社マッチ部
企画運営事務局:ノスタルジア・商品開発有限会社燐寸文化研究所
代表メールアドレス:
©1999-2016 MatchClub All rights reserved.