燐寸倶楽部
http://www.matchclub.net/
燐寸百選 オンラインショップ
matchcollections.com
燐寸倶楽部
■「附木(つけぎ)」


杉や桧の薄片の一端に硫黄を塗りつけたもの。

明治時代になってマッチが普及する以前に、種火から火を移す時に、この附木を裂いて使った。

ちなみに明治初年頃にはマッチのことを「摺附木」(すりつけぎ)とも呼んだ。

写真のものは巾5p、長さ11pで6枚を藁でくくり、更に10束をたばねてある。

附木を売り歩く人を「附木売」といった。

2000年10月01日

つけ木売り
出典『江戸職人歌合』(文化2年)藤原春季画
↑メニューに戻る

クラブオーナー:兼松日産農林株式会社マッチ部
企画運営事務局:ノスタルジア・商品開発有限会社燐寸文化研究所
代表メールアドレス:
©1999-2016 MatchClub All rights reserved.